【フィリピン・セブ島現地オプショナルツアー勢揃い!】ジンベイザメ・アイランドホッピング・ボホール島 ~
NO IMAGE

セブ島の天気・気候|年間通して常夏のセブ島のベストシーズンは?

NO IMAGE

初めてセブ島に旅行に行く方は、天気や気候が心配になるかもしれませんね。セブ島の写真を見ると、どれも青い空・エメラルドグリーンの海・白い砂浜が広がっていますが、雨に降られたり、台風が直撃したりしないだろうか?という心配もあることでしょう。

確かに、セブ島は南国フィリピンに位置するので乾季と雨季に分かれています。また、セブ島のあるフィリピン近海は台風の発生源でもあります。しかし、結論から言えば、セブ島は1年を通して天気・気候が安定しており、安心して旅行を楽しんでいただけます。

今回の記事では、セブ島の天気・気候について紹介します。

セブ島の天気|雨で旅行が台無しになることはない?

セブ島の楽しみ方は、シュノーケリングやスキューバダイビング、トラッキング、アイランドホッピングなどなど・・・その多くは、屋外で楽しむアクティビティです。

そこで心配になることと言えば、天気や気候です。せっかくのセブ島旅行が雨で台無しになってしまうという事態は是が非でも避けたいもの。ここでは、セブ島の天候、気象条件などについて紹介します。

セブ島は一年を通して30℃近い気温

南国のセブ島は、日本のような四季がなく1年を通して平均気温はほぼ一定に保たれています。月別の平均気温を見ると、1月~12月までほとんど30℃近い気温で推移しています。ですので、いつ訪問しても同じ南国気分を味わえます。また、平均最低気温も一定で、25℃前後で一定しています。

参考までに、1月から12月の平均最高気温と平均最低気温をまとめました。

1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
平均最高気温30℃30℃31℃31℃33℃32℃32℃32℃32℃31℃31℃30℃
平均最低気温24℃24℃24℃26℃26℃26℃25℃25℃25℃25℃26℃25℃

 横スクロール可能

ちなみに、セブ島には春夏秋冬といった季節はありませんが、乾季と雨季があります。南国の雨季といえば、スコールのような激しい雨が何日も降り続くようなシーンを思い浮かべられる方も多いのではないでしょうか?集中豪雨に見舞われたら、マリンスポーツを始めとしたセブ島でのアクティビティを楽しみたい方にとっては致命的です。

セブ島の雨季は6月~12月(ただし降雨量は少ない)

セブ島には確かに雨季が存在し、その時期は6月~12月です。

雨季にはセブ島旅行を避けた方が良いのでは?と思われるかもしれませんが、決してそんなことはありません。安心してセブ島旅行を楽しんでいただけます。なぜなら、セブ島の雨季は、「雨季」とはいってもそれほど大量の雨が降るわけではないからです。

※セブ島の雨季に降る雨は「スコール」と呼ばれますが、多くの方がイメージするような集中豪雨というより、どちらかというと夕立のようなイメージです。

セブ島の雨季は、確かに乾季と比べると雨の量は増えます。特に、セブ島の3~5月はほとんど雨の降らない時期なので、こうした時期と比べると「雨季」ということになりますが、雨季の降雨量でも同じ月の東京都と同じ程度(あるいは東京よりも雨の量が少ない)です。

雨季に降る雨は夕立のような一時雨(雨具の用意は必要)

東京よりも雨の量が少ないと言っても、たまたま観光の日程と雨の日が重なったら観光が楽しめないのでは?という不安も残りますよね。しかし、結論から言えば、台風以外の雨はそれほど気にする必要はありません。セブ島の雨は、一日降り続くような雨ではなくて、夕立のように一時的に強く降る雨だからです。

長く降り続く雨ではないので、雨で一日のプランが大きく崩れてしまうということは基本的にはありません。

ただし、観光先で雨に降られてしまう可能性があるので、雨季に旅行に行く方はレインコートなどの雨具を用意しておくようにしましょう。

セブ島の台風(9~11月は台風の状況に注意)

9~11月頃は台風シーズンなので、若干の影響を受けます。フィリピンは台風の発生場所に近いので、セブ島には大型の台風が直撃するのでは?と不安に思われるかもしれませんが、セブ島は地理的に台風の直撃は滅多にありません(年間1件あるか否か程度)。

ですが、近くで台風が発生したり通過したりする際には少し強い風と雨が降ることがあります。また、直撃しない場合でも、離島への入島の制限が生じたり、マリンアクティビティの許可が下りなかったりすることがあります。また、日本へ戻る便が欠航してしまうこともあります。

台風の状況はこまめにチェックするようにしましょう。

アクティビティの可否の状況やボートなどの運行状況は、日本語が通じないため、現地の業者に直接確認するのは大変です。日本語対応のツアー会社を利用すれば、当日の正確な状況がいち早く確認できるほか、状況に応じたツアープランを相談できます。団体ツアーではなく貸切ツアーなら特に、プランの相談がしやすいでしょう。

セブ島は年中海に入れる

セブ島は、一年通じて海に入ることができます。

海に入れる水温は26℃以上が目安になりますが、セブ島近辺の海は1年常に26~28℃なので、一年中いつでも海に入れます。

また、ジンベイザメやウミガメなどの生き物にも時期を問わず会えますが、遭遇できる可能性を高めるという点では4~6月がおすすめです。というのも、わずかな差ではありますが、平均気温が少し高いので、ジンベイザメやウミガメに会える確率が高くなるためです。

日焼け対策・暑さ対策には万全の注意を

気温の状況を見てわかる通り、セブ島では年間を通して常に日本の真夏のような気候なので、季節を問わずに服装は夏用のもの(半袖短パンなど)で問題ありません。

ただし、日差しがとても強いので、日焼け対策は必須です。日焼け止めを持参しましょう。

また、シュノーケリングなどで海に入る際に、スポットによっては日焼け止めの使用が禁止されていることがあります(海洋環境保護のため)。こうした場所での日焼け対策として、ラッシュガードや、長袖の衣類も持っていくようにしましょう。

また、暑さ対策として年間を通じて、タオルや着替えの用意とミネラルウォーターも必須です。飲用水に関して、海外の水道水はお腹を壊しやすいことは有名ですが、胃腸の弱い方はミネラルウォーターの選び方にも注意しましょう。

ミネラルウォーターは通常、現地調達されると思いますが、その時に最も安心なのはEvianなどのグローバルブランドです。こうしたブランドは、全世界で同じ品質の水を販売しているので、日本で購入するものと同じ味・水質のものをセブ島でも購入できます。一方、現地メーカーのミネラルウォーターは、水質などがなじまない可能性があり、ミネラルウォーターであってもお腹の不調を招いてしまう可能性があります。

セブ島の天気予報は?

念のため、旅行前には天気予報をチェックするという方も多いと思います。

セブ島の天気予報は?

ヤフー天気やGoogle、地球の歩き方などの旅行サイトなどを利用すれば、日本からでも簡単に現地の天気をチェックできます。この時注意したいのが、セブ島の天気予報はほとんどあてにならないということです。

例えば、2019年11月週間天気予報をチェックしてみると、上の図のような天気予報が表示されます。この予報通りであれば、連日の雨でとても旅行どころではなくなりそうに思えます。

しかし、上述の通りですが、セブ島の雨は基本的にはすぐに降りやみます。また、降水確率50%程度でも「雨」マークが表示されるなど、実際に体感する天気と予報が大きくズレていることもあります。

(1日目)
セブ島の天気予報は?


(2日目)


週間天気で連日雨のような場合でも、実際の状況とは異なることが多いので、セブ島旅行の際には、あまり天気予報を真に受けすぎないことも重要です。

セブ島旅行のベストシーズンはいつ?

セブ島の天気や気候は年間を通じて安定しており、1月~12月までいつでも楽しめる観光スポットであることがお分かりいただけたと思います。

ですが、時間やスケジュールにある程度の調整がきく方は、せっかくなら、ベストシーズンに行きたいと考える方も多くいらっしゃることでしょう。そうした方のために、旅行の楽しみ方別にセブ島のベストシーズンについて紹介します。

天気・天候のベストシーズンは4月・5月

セブ島は一年間を通じて楽しめますが、天気・気候の観点から見たベストシーズンをしいて挙げるとしたら、乾季の4月5月です。特にこの時期は日本からセブ島へのフライトが安い時期でもあるので、費用の面でもおすすめです(セブ島は、語学留学目的の学生も多いです。そうした方々が集中する3月~4月初旬にかけてフライトの費用が高くなり、その後、値段が下がる傾向にあります)。

この時期は、一年間の中でも最も雨の少ない時期であり、現地では「サマー」と呼ばれています。毎日のように連日快晴の日々が続くこと、台風のシーズンでもないので大きな心配もなくセブ島を満喫できます。

注意点としては、ダイバーや観光客が集まる時期でもあるので、さまざまなスポットで混み合っている可能性があります。

セブ島最大の祭り「シヌログ」を楽しむなら1月

セブ島最大のお祭り(フィリピン最大のお祭りでもあります)の「シヌログ」は1月の第三日曜日に開催されます。

シヌログは、キリストの子ども時代を指す「サント・ニーニョ像」を讃えるお祭りで、パレードを始め多数のイベントが催されます。セブ島内だけではなく、フィリピン全土や、海外から多数の観客が訪れるビッグイベントです。

大多数の人が集まるので、セブ市内のさまざまな場所で交通規制がおこなわれたり、渋滞が発生したりするので、イベントを楽しみたい方にとってはねらい目の日程である反面、マリンスポーツなどを楽しみたい方にとっては、シヌログと重ならないように旅行の日程を調整すると良いでしょう。

また、フィリピンの方々はイベント好きとしても知られています。シヌログ開催前の9~12月にかけて4か月にもわたりクリスマスイベントが実施されます。

ショッピングや市内観光を中心に楽しみたい方は雨季もおすすめ

ショッピングや市内観光、コスメなどのマリンスポーツや、滝でのアクティビティ以外を目的としてセブ島旅行に行く方は、あえて雨季の7~11月頃を選ぶのもおすすめです。というのも、この時期は乾季と比べると平均気温が少しだけ下がるので、少しだけ観光しやすくなるためです。

ショッピングやエステ、ホテル内やビーチでくつろいだりする際には、この時期を選ぶのもおすすめです。

上述の通り、雨季であっても十分にマリンスポーツを楽しむことはできるので、暑さを少しでも和らげたい方にもおすすめです。

まとめ

セブ島の天気や気候について紹介しました。

シュノーケリングなどのマリンスポーツが楽しめるスポットは世界のさまざまなところにありますが、セブ島のように一年を通して水温が26℃を超えていて、いつでも海に入れるスポットはそれほど多くありません(ハワイや沖縄でもシーズン以外は水温は26℃を下回ります)。

また、セブ島は乾季と雨季に分かれてはいますが、雨季でさえ一日中雨が降り続くということはないので、一年中安定した天気・気候が楽しめるのもセブ島の魅力です。

セブ島のベストシーズンは、旅行の目的によって異なります。マリンスポーツを楽しみたい方にとっては乾季になる4~5月がおすすめですし、ショッピングやエステを中心に楽しみたい方は、暑さのピークの時よりも雨季の方が過ごしやすいかもしれません。いずれにしても、セブ島は一年を通して楽しめるスポットなので、旅行の計画を立てる際にはぜひ候補にしていただけたらと思います。

>フィリピン・セブ島の現地オプショナルツアー

フィリピン・セブ島の現地オプショナルツアー

フィリピン・セブ島の現地オプショナルツアーなら、最低価格保証でお得、女性日本語ガイド同行で安心のセブプレで決まり☆