【フィリピン・セブ島現地オプショナルツアー勢揃い!】ジンベイザメ・アイランドホッピング・ボホール島 ~
NO IMAGE

【セブ島を格安で満喫】現地ツアー4社の料金・サービスを徹底比較

NO IMAGE

セブ島を格安で満喫するには、どのように旅行を企画して手配すればよいのでしょうか?

セブ島の場合は、ツアー会社やホテル・フライトの手配をうまく組み合わせれば、個人旅行のような自由度の高さで費用を大きく節約することができます。ジンベイザメとのシュノーケリングや世界的に有名な滝でのトラッキングなどを、国内旅行よりも安い価格で楽しむこともできます。

【格安でセブ島を満喫する重要ポイント】
⑴フライトと宿泊がセットになったツアーに申し込む
⑵セブ島での観光は現地格安ツアー会社へ申し込む(行きたい場所を自分で選択ができる)

この組み合わせで申し込むと、セブ島観光したい場所を選択でき、格安で抑えることができます。

今回は、ツアー会社の比較を中心に格安でのセブ島旅行を成功させるポイントについて紹介します。セブ島の絶景に思いをはせながら、各ツアー会社のプランをぜひ見比べてください。

セブ島を格安で満喫するには【フライト・宿泊ツアー】+【現地ツアー会社】がお得!

セブ島旅行の際に、気になるポイントの一つは、なんといっても料金面ですよね?

「非日常」を満喫するための旅行とはいえ、できることなら少しでも費用を抑えたいのは当然のことです。

まずは、セブ島旅行を満喫する方法を3つ紹介し、費用面でのそれぞれのメリットやデメリットについて紹介します。

フルツアーのプラン(航空券+ホテル+現地ツアー)

まずは、日本から現地までのフライト、ホテルの宿泊、現地でのアクティビティ利用料・機器のレンタル料が全てコミになっているプランがあります。JTBやH.I.Sなどの大手旅行会社を中心に企画販売されています。

これらのプランを利用すると、基本的な旅行の行程を全て押さえられます。また、プランによっては日本人添乗員がセットになっているプランも多く、安心感という観点からもメリットのあるプランです。ただし、プランの価格が高額になるため、格安にセブ島旅行を自由に満喫したい方にはあまりおすすめではありません。

航空券・ホテルのツアー+現地ツアー会社(オプショナルツアー)

日本からセブ島へのフライトと、セブ島内のホテルをセットで押さえて、セブ島内での旅行プランについては現地ツアー会社を利用するプランです。

航空券+宿泊は、「フリープラン」などとして、旅行会社やホテル宿泊サイトなどで手配することができます。例えば、アゴダやエクスペディアなどのサイトでホテルの手配と航空券をセットで手配することができます。

【航空券+ホテル格安ツアーサイト】
・アゴダ  https://www.agoda.com/
・エクスペディア https://www.expedia.co.jp/

また、セブ島はリゾート地として日本国内でもかなり人気が高いので、数多くの現地ツアー会社があります。インターネットや電話で日本国内からでも予約の手配ができるので、出発前に日本国内で旅行のプランを確定させておくことが可能です。現地ツアー会社のサービス内容や料金は、ツアー会社ごとに内容がまちまちなので、次の章にて比較解説します。

安心して旅行を楽しむことができ、費用も抑えられるので、格安にセブ島旅行を楽しみたい方におすすめです。

※現地ツアー会社の旅行プラン=オプショナルツアー
オプショナルツアーとは、旅行先での自由時間に、行きたいスポットや楽しみたいアクティビティを安全、かつ確実に手配をしてもらうサービスのことです。

個人手配の旅行

航空券や宿泊、現地での移動(バスやボート、タクシーの手配など)、アクティビティの申し込みなどを全て個人で申し込む方法もあります。

しかしながら、セブ島では日本語が通じないことや、現地での手配の難易度が高いことなどから、セブ島に長期滞在をした経験がある方を除いておすすめできません。料金を格安に抑えるためには、現地の業者に対して価格交渉をおこなっていく必要もあり、観光を楽しむよりも交渉の手間や負担に疲れてしまいます。

セブ島格安現地ツアー会社の特徴とプラン内容

格安にセブ島旅行を楽しんでいただくため、現地ツアー会社5社の特徴やプランの内容について紹介します。

セブプレ

「セブプレ」は、セブ島に特化した最安貸切ツアー会社です。

一般的に、ツアーのプランといえば、団体ツアーをイメージされると思いますが、セブプレのプランは1組限定のプランなので、他のツアー客に気を遣ったり、集合時間を気にしながら観光したりする必要がありません。個人旅行のように自由な旅行を楽しめます。

セブ島の特徴は以下の通りです。

・1組に1人のガイド(日本語対応の女性ガイドあり)が付く
・ホテルから観光スポットまで、ドライバー付きの専用車両が送迎対応!
・セブ島ツアーの現地最安プラン
・日本国内でツアーの手配が可能(LINEで簡単予約も可能)
・水中カメラ(GoPro)+記念撮影サービスがオプションで利用可能(800ペソ=約1,700円~)
・セブ島のツアーを満喫できるようにガイドが徹底サポート
※例えば、レストランでの料理が出てくるまでの待ち時間の間も観光ができるよう、ガイドスタッフが代わりに料理を待ちます=セブ島のレストランは料理の提供時間が平均で30分から1時間ほどかかるので、待ち時間を利用してたっぷり楽しめます。

<「セブプレ」の人気ツアープラン>

・「ジンベイザメとシュノーケリング+スミロン島&カワサン滝ツアー」(10,800円~)

ジンベイザメ遭遇率95%のオスロブでシュノーケリングをしたのちに、カクレクマノミや、ウミガメなどが見られるスミロン島でのシュノーケリング、その後に世界100滝の一つ、カワサン滝でトラッキングが楽しめるプランです。

・「ジンベイザメ・ウミガメと泳ぐ+モアルボアル&ホワイトビーチツアー」(11,800円~)

ウミガメや数万匹単位のイワシのトルネード(モアルボアルのホワイトビーチ)が楽しめるプランです。

・「アイランドホッピング3島(パンダノン島+ナルスアン島+ヒルトゥガン島)」(8,200円~)

セブ島近海の離島3島をアイランドホッピングで回り、シュノーケリングなどのアクティビティを楽しめるツアープランです。

kkday

kkdayは世界500か所以上のオプショナルツアーを販売するインターネット旅行会社です。世界各国の現地旅行会社と提携して、多くのツアーを販売しており、リゾート地として有名なセブ島についても複数のプランが提供されています。インターネットを通じての販売ということもあり、比較的格安でのツアーが企画されています。

「kkday」の特徴は以下の通りです。

・貸切ツアーや移動のみの手配など目的に応じてプランを選択できる
・インターネットでの簡単手続き
・kkdayの厳選な基準を満たした現地旅行会社と提携し、ツアーのプランを提供
・ツアープランそれぞれに対して、「お客様の声」を掲載
・日本語でのWeb予約に対応

<「kkday」の人気ツアープラン紹介>
・「オスロブジンベイザメ観賞+スミロン島観光 1日プライベートツアー」(約15,000円~)
ジンベイザメ鑑賞やスミロン島でのシュノーケリングなどが、自由プランで楽しめます。専用車両が手配されるので、希望に応じてツアーの内容をカスタマイズすることも可能です(例えば、スミロン島からの戻りの船は13時30分の便が予定されていますが、ドライバーとの交渉により1本後の15時30分に変更してスミロン島での滞在時間を延ばすことなどができます)

ネックとなりうるポイントが、現地ガイドが日本語対応していないことです(英語対応)。

・「オスロブジンベイザメ+カワサン滝ダイビング日帰り旅行」(約14,000円~)
オスロブでジンベイザメとのシュノーケリングを楽しんだ後に、カワサン滝でのトレッキングが楽しめるプランです。こちらのプランも、貸切プランが用意されています。ただし、世界共通のプランであることから、ガイドは日本語対応していません。

Webサイトにて多くの方々の口コミを参照することができます。

タビセブ

タビセブは、ジンベイザメツアー専門のセブ島現地オプショナルツアー会社です。格安料金で、ジンベイザメとのシュノーケリングを満喫できるように、何度も現地におもむいて、日本人にとって嬉しいポイントを押さえたプランを企画・販売されています。ジンベイザメとの思い出を記念に起こせるよう、水中カメラの無料貸し出し・撮影サービスも実施されています。

「タビセブ」のポイントは、以下の通りです。

・ジンベイザメに特化したセブ島ツアー
・日本語の分かる現地専任ガイドが担当
・専用車両(ドライバー付き)が現地での移動をサポート(ホテルまでの送迎は別途850円)
・オプションで日本人ガイドが選択可能(追加料金+3,000円)
・返金保証あり(例えば、急な現地事情によりジンベイザメとのシュノーケリングが開催できなかった場合には2,500円の返金)
・ショッピングやエステなど、希望に応じてツアーのカスタマイズが可能

<「タビセブ」の人気ツアープラン>
・「ジンベイザメと一緒にシュノーケリング体験&ドクターフィッシュで癒されるツマログ滝ツアー&ビーチリゾートランチ」(12,800円~)
ジンベイザメと一緒にツマログ滝を一緒に楽しめるプランです。参加者の人数や好みによってプランの内容をカスタマイズできるので、目的に合致したプランを楽しむことができます。

・「ジンベイザメと一緒にシュノーケリング体験&スミロン島ツアー&ビーチリゾートランチ」(15,800円~)
オスロブでのシュノーケリング+絶景の無人島スミロン島を楽しめるプランです。こちらのプランでも自由なカスタマイズが可能です。水中カメラの無料貸し出しや撮影サービスがあるので、ジンベイザメと一緒に泳ぐ姿を記念に残すことができます。

MAPPLE Activity(マップルアクティビティ)

旅行ガイドなどを販売している旺文社が企画しているツアー会社が、MAPPLE Activityです。大手企業でのツアープランを希望する方におすすめのツアーです。現地会社のツアーにすると、基本料金はやや高めに設定されていますが、モニタープランや早割プランなどを活用することにより、格安なキャンペーン価格でのツアープランが利用できることもあります。

「MAPPLE Activity」のポイントは、以下の通りです。

・旺文社が主催するツアー会社
・水中カメラの貸し出しあり(別途250ペソ=約520円必要)
・日本語スタッフ付き
・ホテルの送迎あり
・昼食の有無など旅の内容によってプランが選択可能

<「MAPPLE Activity」の人気ツアープラン>

・「ジンベイザメシュノーケリングツアー オスロブ(早割)」(123.5ドル=約13,000円~)
オスロブでのジンベイザメとのシュノーケリングが楽しめるツアープランです。1週間前以前の予約により、5%の割引が適用されます。15時ごろにはホテルに戻れるプランなので、翌朝が早い時や、ホテルでゆっくり過ごしたいときなどにおすすめのプランです。

セブ島格安ツアーを利用する際に確認しておきたいこと

現地のツアーを利用する際に、安さにこだわることはもちろん重要ですが、旅行を満喫するために確認しておきたいポイントがあります。ここでは、最低限確認しておきたいポイントを紹介します。

日本語対応ガイド

英語力に自信がある方を除いて、日本語に対応したガイドが付いているか否かはとても重要なポイントです。日本語対応のスタッフがついてくれる場合は、わからないことがあればすぐにその場で質問できることや、希望や要望があるときに気軽に相談できるというメリットがあります。

プランの内容に含まれるものと含まれないもの

プランの内容に含まれるものと含まれないものは一つひとつ確実にチェックしましょう。

大半のプランでは、基本的な入場料(島や滝などの入場料)や交通手段(現地で乗るバスやボートなど)、基本的なアクティビティにかかる料金(シュノーケリング代やシュノーケリングに必要な用具のレンタル料)などはツアー料金に含まれています。

しかし、オプション品(水中カメラやフィンなどの用具)、食事代、更衣室やトイレの利用料、ホテルとスポットとの送迎などの料金についてはツアーに含まれている場合と、含まれていない場合があります。希望通りの内容でツアーを企画した場合、1日どの程度の料金になるのかを確認しておきましょう。

また、プランに含まれないものについては、ご自身で用意しなければならないので、何を用意しなければならないのかをあらかじめチェックしておきましょう。

・バスタオルなどのタオル類
・日焼け止め
・ラッシュガード
・着替え
・ミネラルウォーター、飲料
・軽食

プラン外の要望を聞いてもらえるか否か

プランに含まれていないスポットへの立ち寄りやプラントは、異なるアクティビティの依頼が可能か否かなど、細かな要望を聞いてもらえるか否かについて、あらかじめ確認をしておきましょう。

細やかな対応が可能なプランの場合、例えば、1日遊んだ後にセブ市内のショッピング街で下してもらってショッピングを楽しんだり、スポット近くにある写真撮影スポットに立ち寄ったりするなど、柔軟な対応をしてもらえることがあります。

3-4当日や前後の日程のスケジュール

セブ島旅行は、早朝からバスや車で移動するプランが多いので、あらかじめ前後の日程を含めてスケジュールを確認しておきましょう。例えば、早朝の3時や4時にホテルを出発して、観光スポットに6時~7時に到着するといったプランが多いです。

特に環境を気にせずに眠れる方は、道中の車やバスでの移動中に眠れる時間がありますが、車の揺れや慣れない環境で眠れる自信のない方は、前日に早めに就寝できるスケジュールを組んでおく必要があります。また、翌日以降にも疲れがのこらないようなプランの工夫をしましょう。

3-5プランの申し込みや当日の流れ

現地ツアーで特に注意したいのは、予約から旅行当日までスムーズに手続きを勧められることです。

漏れや不備の内容に、プランの申し込み方法や当日の流れについて確認をしておきましょう。ホテルと観光スポットの送迎サービスに対応しているプランでは、宿泊するホテルの情報などを事前に伝えなければならないケースもあるので、申し込みをするプランが決まった後は、申し込みや旅行当日までの流れについて細かく確認をしておきましょう。

まとめ

セブ島は、日本国内から格安でいける観光スポットの一つです。特に、ホテルの手配や現地ツアー会社の選び方を工夫することで、費用を節約してセブ島旅行を満喫することが可能になります。

今回は、セブ島旅行を満喫できるツアー会社5社を紹介するとともに、ツアー会社を手配する際に把握しておきたいポイントについても紹介しました。

費用を抑えるだけではなく、心から満足して思い出に残る旅行を満喫できるよう、それぞれのプランを比較して検討していただけたら幸いです。

>フィリピン・セブ島の現地オプショナルツアー

フィリピン・セブ島の現地オプショナルツアー

フィリピン・セブ島の現地オプショナルツアーなら、最低価格保証でお得、女性日本語ガイド同行で安心のセブプレで決まり☆