【フィリピン・セブ島現地オプショナルツアー勢揃い!】ジンベイザメ・アイランドホッピング・ボホール島 ~
NO IMAGE

セブ島のマリンスポーツおすすめ5選!おすすめスポット紹介

NO IMAGE

セブ島での遊び方を考えた場合、真っ先に頭の中に思い描かれるのはマリンスポーツではないでしょうか?

まさに南国といった雰囲気のセブ島の空の下、シュノーケリングやジェットスキー、バナナボートなど、さまざまな遊び方が楽しめます。また、これらのアクティビティはスキューバダイビングなどの一部の例外を除いて無料で楽しめるので、気軽に挑戦できるアクティビティでもあります。

今回は、セブ島で楽しめるマリンスポーツにはどんなアクティビティがあるのかを紹介したうえで、セブ島のおすすめスポットやツアー会社などを紹介します。これからセブ島での旅行プランを考える方は、ぜひ参考にしてください。

セブ島で楽しめるマリンスポーツ5選!

セブ島旅行の醍醐味でもあるマリンスポーツ。セブ島は波が穏やかなのでサーフィンにはあまり適していませんが、その代わりにシュノーケリングやバナナボートなどのマリンスポーツが初心者でも楽しめます。

ここでは、セブ島で楽しめるマリンスポーツにはどのようなものがあるのかについて紹介します。

シュノーケリング

セブ島で楽しめるマリンスポーツの中で最も人気が高いのがシュノーケリングです。

セブ島は、透明度の高い美しい海に囲まれていることに加え、スポットによってさまざまな種類の生き物が見られること、波が穏やかで初心者でもチャレンジしやすいこと、ジンベイザメやウミガメなどの大型の生き物が見られることなど、シュノーケリングを満喫するための条件がそろっています。1年を通じて海に潜れることもセブ島の大きな魅力の一つです。

シュノーケリングは、スキューバダイビングとは異なり、資格が不要なことも魅力の一つです。

セブ島でのシュノーケリングの楽しみ方や、おすすめスポットについては、「セブ島のシュノーケリングスポット4選|1組限定貸切ツアーで満喫」にて紹介しているので、興味のある方はぜひ参考にしてください。

バナナボート

バナナボートもマリンスポーツの代表格として親しまれています。バナナボートとは、バナナの形をしたゴムボートをモーターボートで引っ張ってもらうアクティビティです。モーターボートのスピードが速くなるにつれて迫力が増し、スリルが高まります。

セブ島の透き通った海上を、水しぶきをあげながら引っ張られるのはとても爽快です。

パラセーリング

パラセーリングとは、モーターのついたパラシュートのような乗り物に乗り、海の上を優雅にフライトできるアクティビティです。「海上散歩」とも呼ばれ、海と空両方のアクティビティともいえます。

資格や免許が不要なこと、小さな子どもから高齢の方まで世代や性別を問わずに楽しめることから、誰でも気軽に楽しめるアクティビティです。

セブ島でのパラセーリングでは、高度40~50メートル以上の高さから海の景色を独り占めするような感覚を味わうことができます。

ジェットスキー(水上オートバイ)

特に男性に人気の高いアクティビティがジェットスキー(水上オートバイ)です。

ジェットスキーは、水上オートバイに乗って海の上を滑走するマリンスポーツです。日本国内でジェットスキーを楽しむためには免許が必要ですが、セブ島では免許なしで乗れます。

しかも、南国の明るい日差しの下、透き通った海の上を走ることができるので、爽快な気分を味わうことができます。

スキューバダイビング

もし、スキューバダイビングの資格をお持ちであれば、セブ島にはダイビングスポットが目白押しです。シュノーケリングと同様、セブ島では、1年を通してスキューバダイビングを楽しむことができます。

海の深いところまで潜ることができるので、見られる魚の種類も非常に多く、より野生に近い状態を観察できます。セブ島の近海では、運が良ければジンベイザメとマンタを同時に見られることもあります。

セブ島でマリンスポーツを満喫するためのおすすめスポット4選!

セブ島でマリンスポーツを満喫するためのおすすめスポットを4件紹介します。

パンダノン島

セブ島でアイランドホッピングが楽しめる代表的なコースとして人気が高いのがパンダノン島です。

※アイランドホッピング・・・ボートを使って道中の離島に立ち寄りながら、シュノーケリングやバーベキュー、スキューバダイビングなどのアクティビティを楽しむことです。セブ島は、美しいビーチを持つ数々の離島があるので、アイランドホッピングにとても適したスポットです。

「天国に最も近い島」として知られるパンダノン島は、遠浅で透明度の高い海が広がっています。パンダノン島では、海水浴の他に、バナナボートやパラセーリング、ジェットスキーなどのマリンスポーツが楽しめます。

特に、パラセーリングで上空から見下ろす景色は絶景です。また上空からの記念撮影も、旅の思い出の一枚になること間違いなしです。

<パンダノン島が楽しめるツアー>
当サイト「セブプレ」でパンダノン島でのマリンスポーツが楽しめるプランです。

【「セブプレ」のパンダノン島ツアープラン紹介】

・「アイランドホッピング3島(パンダノン島+ナルスアン島+ヒルトゥガン島)」

バナナボート、パラセーリング、ジェットスキーは別途オプションサービスとして楽しむことができます。

ヒルトゥガン島

ヒルトゥガン島は宿泊施設が多いマクタン島から、ボートで20分ほどの位置にある離島です。コースが近いので、アイランドホッピングでパンダノン島とセットで回る方が多いです。

ヒルトゥガン島でも、パラセーリングやバナナボート、ジェットスキーなどのマリンスポーツが楽しめます。また、ヒルトゥガン島は、シュノーケリングやスキューバダイビングのスポットとしても世界的に有名で、クマノミなどの熱帯魚の姿を見ることができます。

【「セブプレ」のヒルトゥガン島ツアープラン紹介】

・「アイランドホッピング2島(ヒルトゥガン&ナルスアン島)」

「セブプレ」の上記コースであれば1日でヒルトォガン島とナルスアン島を両方楽しむことができます。

オスロブ+スミロン島

セブ島のシュノーケリングと言えば、ジンベイザメが有名ですが、最も高い確率でジンベイザメが見られるスポットはオスロブです。オスロブは、セブ市内から車やバスで3時間程度の位置にあるので、日帰りのコースを設定することが可能です。そして、その際にぜひ足を運んでいただきたいのがスミロン島です。

スミロン島は、オスロブから船で15分ほどの距離にある離島です。スミロン島は無人島ですが、シュノーケリングなどが楽しめるリゾート地としてにぎわっています。

スミロン島のビーチは浅瀬で初心者でも安心してマリンスポーツが楽しめるスポットです。また、最大のジンベイザメスポットのすぐ近くということもあり、アクセスのしやすさも人気のポイントです。さらに見逃せないポイントが島唯一のホテルであるスミロンブルーウォーターアイランドリゾートです。

島の半分の海はスミロンブルーウォーターアイランドリゾートのプライベートビーチとなっており、宿泊客、もしくはデイユースプラン利用者(ホテルの日帰りツアー客向けプラン。ホテルの施設利用やボートでの送迎、アクティビティの利用などがセットになっています)のみに開放されています。

さらに、ホテル利用客には、カヤックの利用などのアクティビティの利用もセットになっています。

【「セブプレ」のオスロブ+スミロン島ツアープラン紹介】

・「ジンベイザメとシュノーケリング+スミロン島&カワサン滝ツアー」

オスロブとスミロン島をセットで回れるプランです。さらに、2019年11月現在の時点ではまだ企画中ですが、「セブプレ」では、スミロン島のホテル、スミロンブルーウォーターアイランドリゾートのデイユースプラン付きのツアープランを案内予定です。レストランでの食事や、カヤックの利用など、さらにマリンスポーツを満喫できる旅を提供できるようになる予定です。

モアルボアル

セブ島内、屈指のダイビングスポットとしてはモアルボアルのホワイトビーチも外せません。

ホワイトビーチでの最大の楽しみ方は、ボートを使ったシュノーケリングスポット巡りです。代表的な3つのスポットでは、ウミガメや海面を覆いつくすほどの数万匹単位のイワシのトルネード、色とりどりのサンゴ礁など、スポットによってそれぞれ異なる魅力を楽しむことができます。

スポットの1つでもある離島のペスカドール島海洋保護区は、世界的に有名なダイビングスポットの一つでもあり、海の透明度や見られる生き物の多様性など、有名スポットならではの魅力を存分に味わうことができます。

【「セブプレ」のモアルボアルツアープラン紹介】

・「ウミガメとシュノーケリング+モアルボアル&カワサン滝ツアー」

セブ島でマリンスポーツを楽しむ際の注意点

セブ島でマリンスポーツを楽しむ際の注意点について紹介します。海外旅行では、何よりも安全第一で楽しみましょう。

天候条件や体調に注意すること

セブ島は、1年を通して気候が安定していますが、当日の天候条件によっては離島への入場が制限されたり、海に入ることが禁止されたりすることがあります。安全を第一に考えて、必ず案内に従ってください。

また、特にシュノーケリングやスキューバダイビングなどのアクティビティの際には、必ずご自身の体調とも相談しましょう。

セブ島旅行を満喫するためのコツとしては、急な天候不良があった時でも日程の調整がしやすいように、どうしても優先したいスポットは旅行の前半に計画しておくことをおすすめします(急な天候不良やアクシデントがあっても翌日以降に日程をズラすことができるため)。

ガイドの指示を守り、マナーを守ること

安全に楽しむためにもマナーを守るためにも、アクティビティガイドの指示は必ず守りましょう。

例えば、シュノーケリングやスキューバダイビングの際には、海洋生物保護のため「ジンベイザメやウミガメに触れるのはNG」というルールがあります。あるいは、パラセーリングやジェットスキーなどは、定められた正しい乗り方をしなければ非常に危険です。

アクティビティのガイドやスタッフの指示を守って、安全に楽しむように徹底しましょう。スタッフは基本的には、日本語が話せないので、英語や現地の言葉(タガログ語)でコミュニケーションが取れるという自信のある方以外は、日本語に対応したガイドのいるツアー会社にてプランを依頼すると良いでしょう。

アクティビティのスタッフからの説明が聴き取れなかったり、内容が理解できなかったりした際などに、サポートしてもらえればマリンスポーツ初心者でも安心です。

紫外線対策は必須

セブ島は、南国の島なので1年を通して強い紫外線が降り注いでいます。さらには、海面での照り返しもあるので、日焼け止めや長袖の衣類の着用(水着の場合はラッシュガード)を怠ってしまった場合は、皮膚がやけどのようにヒリヒリと痛くなってしまう可能性が高いです。

紫外線対策で注意したいのが、セブ島のいくつかのビーチでは海洋保護のために日焼け止めの使用が禁止されていることです。日焼け止めの使用が禁止されている海では、ラッシュガードやサングラスの準備を忘れないようにしましょう。

トイレ・着替えの場所を必ずチェックしておくこと

マリンスポーツをする前に必ずチェックしておきたいのが、トイレと着替えです。

セブ島はリゾート開発されていますが、日本と比較するとトイレや更衣室の場所は限られています。また、トイレの中にトイレットペーパーが設けられていないなど、海外ならではの特性もあります。

快適にマリンスポーツを楽しめるように、トイレや着替えの場所・方法などをあらかじめ確認しておきましょう。日本語の分かるガイドにツアーを依頼した場合には、ガイドに確認しておくと確実です。

セブ島でマリンスポーツを楽しみたい方は1組限定貸切ツアー「セブプレ」がおすすめ!

セブ島でマリンスポーツを楽しみたい方におすすめのツアー会社が、当サイト「セブプレ」です。

「セブプレ」は、セブ島現地に存在し、1組限定貸切ツアーを格安で案内している会社です。1組に1人の専任ガイド(日本語対応・女性)と専用車両(ドライバー付き)を案内しているツアー会社です。

セブ島でマリンスポーツを満喫したい方に「セブプレ」をおすすめする理由について紹介します。

4組限定貸切ツアーなので時間を気にせずに遊べる!

「セブプレ」は、よくある団体ツアーとは異なり1組限定の貸切ツアーです。

他のツアー客に気を遣ったり、バスの時間を気にしたりする必要がありません。また、トイレに立ち寄りたい時、近くのスポットにちょっと寄ってみたい時、おすすめの写真撮影スポットやシュノーケリングスポットについて知りたい時などは専任ガイドに気軽に相談できます。

貸切の強みを活かして、ぜひセブ島でのマリンスポーツを満喫してください。

写真撮影のサポートをしてもらえる!

「セブプレ」のプランでは、専任ガイドが写真撮影のサポートをおこないます。

例えば、マリンスポーツを存分に楽しんでいる間などは、どうしても写真がおろそかになりがちですし、そもそも自分自身の姿を写真に納めるためには自撮り棒などの準備が必要になります。結果的に、せっかくの景色や楽しい思い出が写真に残せなかったということも珍しくないことです。

「セブプレ」の専任ガイドは、現地スタッフなので撮影スポットを知り尽くしていることも強みです。また、別途有料オプションとして水中カメラGoProの貸し出しもおこなっています(800ペソ=約1,700円)。

ツアー最安料金でご提供!

「セブプレ」は料金の安さも魅力です。

1組限定の貸切ツアーであるにもかかわらず、団体ツアーの相場よりもずっと安い価格でツアープランを提供しています。プランによっては、1日1万円以下のプランもあります。

「セブプレ」のプランの場合、シュノーケリングに関しては大半のプランで標準セットとなっています。つまり、シュノーケリングのアクティビティ代、シュノーケルやフィンなどのレンタル料はツアープランに含まれています。ただし、水上ジェットやパラセーリングなどのマリンスポーツを希望する方は、別途有料オプションとして設定しています。

・パラセーリング   2,200ペソ~(約4,700円~)
・バナナボート    2,500ペソ~(約5,300円~)
・ジェットスキー   2,500ペソ~(約5,300円~)

まとめ

セブ島の楽しみ方として最も人気のあるアクティビティの一つがマリンスポーツです。

セブ島旅行の代名詞ともいえるジンベイザメとのシュノーケリングはもちろんですが、スキューバダイビング(資格要)、バナナボート、ジェットスキーなど楽しみ方はさまざまです。

今回、セブ島で楽しめるマリンスポーツやそのスポットについて紹介しているので、興味のある方はぜひ、さまざまなマリンスポーツにもチャレンジしてください。

また、セブ島旅行は最安1組限定貸切ツアーの「セブプレ」がおすすめです。団体ツアーよりも安く、専任ガイドと専任ドライバーによる気兼ねの無い旅行を楽しんでいただけますよ。

>フィリピン・セブ島の現地オプショナルツアー

フィリピン・セブ島の現地オプショナルツアー

フィリピン・セブ島の現地オプショナルツアーなら、最低価格保証でお得、女性日本語ガイド同行で安心のセブプレで決まり☆