【フィリピン・セブ島現地オプショナルツアー勢揃い!】ジンベイザメ・アイランドホッピング・ボホール島 ~
セブ島のアイランドホッピング

【セブ島アイランドホッピング】格安ツアー比較と人気スポット5選!

セブ島のアイランドホッピング

セブ島の魅力的なアクティビティの一つにアイランドホッピングがあります。

アイランドホッピングとは、船で離島などにアクセスしながら先々のスポットでシュノーケリングや、バーベキューなどを楽しむアクティビティです。セブ島は、きれいな海に囲まれた魅惑的な島が多数あるので、アイランドホッピングをするのに絶好のスポットなのです。

今回は、セブ島のアイランドホッピングで楽しめるアクティビティには、どのようなものがあるか、セブ島にはどんなアイランドホッピングスポットがあるかを紹介したうえで、セブ島でのアイランドホッピングの楽しみ方を紹介します。また、現地オプショナルツアー会社も併せて紹介するので、ぜひご参考にしてください。

この記事をご覧いただき、セブ島ならではのアイランドホッピングの楽しみ方をイメージしていただけたら幸いです。

セブ島の楽しみ方|アイランドホッピングとは?

セブ島の楽しみ方|アイランドホッピングとは?

アイランドホッピングとは、ボートに乗って離島などを巡って、さまざまなポイントでシュノーケリングやスキューバダイビング、BBQなどのアクティビティを楽しむことです。多数のビーチやシュノーケリングポイントがあるセブ島は、アイランドホッピングのベストなスポットの一つです。

セブ島アイランドホッピングの地図

また、アイランドホッピングに非常に似た用語として「アイランドピクニック」という用語もあります。これは単純に用語の違いだけで、意味の違いはございません。

アイランドホッピングでは、透明度の高い海や白いビーチ、ジンベイザメやウミガメ、トロピカルな離島散策、熱帯魚やウミガメと一緒に楽しめるシュノーケリングなど、セブ島ならではのアクティビティが楽しめます。

セブ島でのアイランドホッピングで楽しめる5つのアクティビティ!

セブ島でのアイランドホッピングで楽しめる5つのアクティビティ!

セブ島でのアイランドホッピングで楽しめるアクティビティについて紹介します。どのアクティビティもセブ島ならではの楽しみ方があるので、併せて紹介します。

シュノーケリング

アイランドホッピングでのシュノーケリング

セブ島で楽しむ代表的なマリンスポーツといえば、シュノーケリングです。

シュノーケリングは、シュノーケルという簡易的な器具を付けて海の中に潜るマリンスポーツです。セブ島の海では、さまざまな種類の熱帯魚や数万匹単位のイワシのトルネード、サンゴなどを見ることができます。さらには、セブ島のシュノーケリングの代名詞ともいえるジンベイザメやウミガメ、カクレクマノミにも遭遇できます。

アイランドホッピングでのシュノーケリング

また、潜るスポットによってみられる生き物や海の中の景色・雰囲気が大きく異なるので、アイランドホッピングで2~3か所のスポットに潜るのもおすすめです。

シュノーケリングは資格が無くても楽しめること、セブ島の海は遠浅で波が穏やかなことから、マリンスポーツの初心者でも気軽に楽しめるアクティビティです。泳ぎの苦手な方やお子様でもライフジャケットを着用すれば安全に楽しむことができるので、老若男女どんな方でも楽しめます。

セブ島=シュノーケリングといっても良いほど世界的に有名なスポットが多数あり、さまざまな場所でシュノーケリングが楽しめます。

自然界の中で生き生きと泳ぐ生き物が見られることに加えて、セブ島の透明度の高い海や青い空がリゾート気分を高めてくれることでしょう。水中カメラ(GoPro)を使えば、シュノーケリングを楽しんでいる姿を写真に残すこともできます。

※水中カメラのレンタル
水中カメラは、オプショナルツアー会社などでレンタルをすることができます。ツアー会社の規約やツアープランの内容にもよりますが、例えば、当社ツアーの「セブプレ」では800ペソ(=約1,700円)にて、記念撮影サポート付きで対応しています。

ジェットスキー・バナナボート

ジェットスキー・バナナボート

ジェットスキーやバナナボートなどのマリンスポーツもセブ島で人気のアクティビティの一つです。

ジェットスキーは海上バイクの操縦をするマリンスポーツ、バナナボートはバナナの形をしたボートに乗ってモーターボートに引っ張ってもらうマリンスポーツです。どちらのアクティビティも、開放的な南国セブ島の海の解放感や暑い日差しを存分に楽しむことができます。

またスピード感・疾走感があふれるとても気持ちの良いマリンスポーツでもあります。

セブ島ツアーでは「天国に一番近い島」との異名を持つパンダノン島が、ジェットスキーやバナナボートなどのアクティビティが楽しめるスポットとして親しまれています。

パラセーリング

アイランドホッピングでのパラセーリング

パラセーリングは、パラシュートをモーターボートで引っ張って南国の海の上を飛行するアクティビティです。開放的なセブ島のビーチ上空40mほどの空を散歩するようにゆったりと飛行することができます。

パラセーリングも資格や特別なスキルが必要ないので、パラセーリング未経験の観光客でも気軽に楽しめるアクティビティです。パラシュートは2人乗りなので、カップルや友人同士で一緒に楽しむこともできます。

パラセーリングもパンダノン島の美しいビーチの上空で楽しめます。

BBQ(バーベキュー)

アイランドホッピングでのBBQ(バーベキュー)

周囲360℃全てを海に囲まれたセブ島では、その開放的な雰囲気を活かしてバーベキューを楽しめます。

セブ島でのバーベキューは、コテージのバーベキュー設備を利用するもの、レストラン内で楽しむもの、会場の船の上で楽しむものなど、さまざまな楽しみ方があります。

セブ島では、ランチも一つのアクティビティとして非日常の時間を楽しむことができます。

ビーチでの日光浴やビーチバレー

ビーチでの日光浴やビーチバレー

セブ島のリゾート感あふれるビーチでの、日光浴やビーチバレーもおすすめです。

セブ島のビーチでは、日本の海水浴場にはない非日常的な時間を楽しむことができます。ビーチでまったり過ごしたり、友人同士で遊んだりすることで、むしろリゾート気分を存分に味わうことができるでしょう。

ナルスアン島・パンダノン島・ヒルトゥガン島などのビーチが観光客に人気のスポットです。

セブ島で人気のおすすめアイランドホッピングスポット5選!

セブ島で人気のおすすめアイランドホッピングスポット5選!

これからセブ島旅行を検討されている方のために、おすすめのアイランドホッピングスポットを5か所紹介します。

ナルスアン島

ナルスアン島へのアイランドホッピング

ナルスアン島は、セブ島で最も人気のアイランドホッピングスポットの一つです。

ナルスアン島は、セブ市隣のマクタン島から船で30分程の位置にある無人島です。リゾート開発されているため、島にはホテルや飲食店、トイレなどのアクティビティを楽しむための設備が整っています。そして、ナルスアン島の見どころは島の長さよりも長い桟橋です。両脇を海に挟まれた長い桟橋は、写真撮影スポットとして非常に人気が高まっています。

ナルスアン島のシュノーケリングとビーチ

ナルスアン島の海は、遠浅で穏やかなので、泳ぎが苦手な方でも気軽に海水浴が楽しめるスポットです。エメラルドグリーンの海と白い砂浜がとても印象的かつ特徴的で、絵葉書から切り取ったようなリゾート地を楽しむことができます。ナルスアン島のビーチでハンモックに揺られてのんびり過ごすのも人気です。

桟橋近くがシュノーケリングスポットになっていて、さまざまな種類の魚が餌付けされているので、シュノーケリングをすれば色とりどりの魚を見ることができます。

格安セブ島アイランドホッピングツアー「セブプレ」のナルスアン島のプラン

セブ島近海の離島3島をアイランドホッピングで回り、シュノーケリングなどのアクティビティを楽しめるアイランドホッピング人気No1のツアープランです。


セブ島で最も美しいといわれるヒルトゥガンの海とナルスアン島の2島をアイランドホッピングで巡るプランです。


パンダノン島

パンダノン島へのアイランドホッピング

「天国に一番近い島」との異名を持つパンダノン島は、美しいビーチや大自然が残されたビーチが人気のスポットです。その景色の美しさは、映画の撮影に利用されるほどです。

セブ市の宿泊施設が集まるマクタン島(セブ市の隣の島)から船で1時間ほどの位置にあり、セブ島の離島の中では最も遠くにあります。

パンダノン島の海は、水深がとても浅いのでシュノーケリングにはあまり適していませんが、安全に海水浴を楽しむことができます。生き物の種類も豊富で、日本の海にはない楽しみ方で海水浴できます。

また、ジェットスキーやバナナボート、パラセーリングなどのマリンスポーツが楽しめるスポットとしても人気があります。パンダノン島の海は特に透明度が高いので、存分に爽快感を味わいながらリゾート気分を味わうことができます。

格安セブ島アイランドホッピングツアー「セブプレ」のパンダノン島のプラン

ジェットスキー、バナナボート、パラセーリングなどのマリンスポーツは、オプションとして設定しています。


ヒルトゥガン島

ヒルトゥガン島へのアイランドホッピング

ヒルトゥガン島は、マクタン島から船で15分ほどの位置にある離島です。「セブ島最高のシュノーケリングスポット」としても知られており、抜群の海の透明度に定評があります。ダイビングスポットとしてもとても有名で、多数のカラフルな熱帯魚や、クマノミなどと一緒に泳ぐことができます。

泳ぎに自信のない方はライフジャケットをレンタルすれば、安心してシュノーケリングを楽しむことができます。

格安セブ島アイランドホッピングツアー「セブプレ」のヒルトゥガン島のプラン

セブ島近海の離島3島をアイランドホッピングで回り、シュノーケリングなどのアクティビティを楽しめるツアープランです。



カオハガン島

カオハガン島へのアイランドホッピング

カオハガン島は、「何もなくて豊かな島」として日本でも有名になった島です。セブ島から船で1時間ほどの位置にあります。東京ドームほどの面積に600人が暮らす小さな島に、きれいに済んだ海水、白い砂浜、ブーゲンビリアやハイビスカスの南国の花々、ココヤシなどの木々といった南国ならではの景色が広がっています。

カオハガン島は、日本人にとって縁のあるリゾート地ともいえます。というのも、島の所有者が日本人だからです(現在の所有者は日本人を含む4名での共同所有となっています)。

浅瀬が広がっていて、広いビーチでバーベキューなどを楽しむこともできるので、家族旅行の行先としてもおすすめです。


ソルパ島

ソルパ島へのアイランドホッピング
ソルパ島は、マクタン島から最も近い離島として人気の小さな無人島です。マクタン島からわずか10~15分程度ということで、週末には多くの観光客やツアー客でにぎわいます。もし平日であればソルパ島でも比較的すいているので、手軽にリゾート気分を味わいたい方におすすめのスポットです。

ソルパ島は、魚や海の生き物の数はそれほど多くないので、シュノーケリングなどのマリンアクティビティには不向きです。バーベキューを楽しんだり、ビーチでゆったり過ごしたりするなどの楽しみ方がおすすめです。

【格安】セブ島アイランドホッピングツアー比較!

アイランドホッピングは、島から島へのボートでの移動を伴うので、ツアーの利用がおすすめです。ツアーを利用すれば、移動の手配だけではなく、シュノーケリングの機材やライフジャケットなどの手配や、ガイドの案内などもセットになるため、存分にアイランドホッピングを楽しめます。

リゾート地として世界的に人気のセブ島は、アイランドホッピングが楽しめるツアーがさまざまなツアー会社から企画されています。逆に、ツアーのプランがたくさんありすぎて、どのツアー会社を選べばよいのか迷ってしまうほどではないかと思います。

そこで、セブ島のアイランドホッピング会社のツアーを、料金を含めていくつか比較しながら紹介します。

セブプレのロゴ
●「セブプレ」

セブプレは、1組限定貸切最安ツアー会社です。価格の安さもさることながら、専属車両によるホテルまでの送迎や、日本語対応の専属女性ガイドが付くという特徴があります。セブ島に特化したツアー会社ということもあり、現地を知り尽くしたガイドが、プランをサポートしてくれます。


タビナカのロゴ
●「タビナカ」

・「ナルスアン島&ヒルトゥガン島の2島めぐり」(8,900円~)

タビナカは、セブ島だけではなく世界各国のリゾート地や観光地のオプショナルツアーを企画展開しています。信頼できる現地ガイドとのみ契約を結んでいることや、予約の後に予約者が現地ガイドの方と直接やり取りができるといった特徴があります。アイランドホッピングのツアーは、500人以上の方が利用した現地でも人気のプランです。


プアへレ
●「PUAHELE」

・「パンダノン島+ナルスアン島」(3,600ペソ=7,800円~)

PUAHELEは、スキューバダイビングを中心とした現地ツアー会社です。基本料金の安さや、日本語のわかる現地ガイドがつくこと、ホテルとの送迎(ラプラプシティ内⇔ホテルは無料、その他の地域は有料にて対応)などの特徴があります。1島を格安で楽しめるプランも提供されています。

セブ島アイランドホッピングツアーなら業界最安値「セブプレ」がおすすめ!

セブ島アイランドホッピングツアーなら業界最安値「セブプレ」がおすすめ!

セブ島でのアイランドホッピングを満喫していただくためには、当サイト「セブプレ」のツアープランがおすすめです。

なんといっても、業界最安値でセブ島のアイランドホッピングが満喫いただけるのが1番ですが、それだけではないのが「セブプレ」の強みなのです。では、その内容をご紹介しましょう。

料金が安い

最安価格で至れり尽くせり "最安値"でも充実したツアー内容!
「セブプレ」の大きな魅力の一つに料金の安さも挙げられます。「セブプレ」のツアーと他のツアー会社とのプラン金額を比較すると、以下のようになります。

<「セブプレ」のアイランドホッピングが楽しめるプランの金額>
「アイランドホッピング2島(ヒルトゥガン&ナルスアン島)」(7,200円~)

「アイランドホッピング3島(パンダノン島+ナルスアン島+ヒルトゥガン島)」(8,200円~)

<他のツアー会社のアイランドホッピングが楽しめるプランの金額>

・絶景のナルスアン島&ヒルトゥガン島の2島巡り!海洋保護区でシュノーケリング!ランチ付き(「タビナカ」9,790円~)

・アイランドホッピングパンダノン島+ナルスアン島BBQランチ付(「MAPPLE Activity」11,250円~)

・人気の2島(ヒルトゥガン島&ナルスアン島)めぐり BBQランチ・水中カメラGoPro付きプラン(「VELTRA」8,700円~)※ホテル送迎なしのプランです。

料金の安さに定評のあるツアープランと比較をすることで、「セブプレ」の魅力を感じていただけたのではないでしょうか?さらに、貸切ツアーとして臨機応変、かつ安心のツアープランを案内しているので「セブプレ」はセブ島を満喫したい方に料金面でも、サービス面でもおすすめです。

貸切プライベートツアー

セブプレ限定!快適な貸切車両 専属ガイドでのプライベートツアー
「セブプレ」は一組限定のプライベート貸切ツアーです。団体ツアー旅行のように、他の観光客に気を遣ったり、スケジュールを気にしながら行動したりしなくても済むので、旅行時間中はアクティビティや観光を存分に満喫していただくことができます。

アイランドホッピングの場合は特に、船の時間を気にする必要があり、船の時間に遅れてしまうと目的地に到達できなかったり、ホテルに帰れなかったりしてしまうなどの失敗を犯してしまうことがあります。

「セブプレ」は、1組から申し込みのできる貸切ツアーなので、上記のような問題や不都合がなく、アイランドホッピングを心から満喫していただくことができます。

臨機応変な対応

最安価格で至れり尽くせり "最安値"でも充実したツアー内容!
「セブプレ」では、ツアーのプランは決まっていますが「どうしてもこのスポットに立ち寄ってほしい」「アイランドホッピングの後にセブ市内でショッピングをしたい」などの要望があれば、可能な限りご要望にお応えするようにしています。また、バナナボートやジェットスキーなど、オプションで楽しめるプランもあります。

ツアーのプランを自分好みにカスタマイズすることで、より満足度の高いツアープランを楽しんでいただくことができます。

日本語対応の女性ガイド!

記念撮影もアテンドもおまかせ! 専属の女性日本語ガイドがご案内

「セブプレ」では1組に対して1人の専属ガイド(日本語対応が可能な現地女性)です。

フィリピンの女性は、真面目にコツコツと働くという特徴があり、銀行を始めとした現地企業でも、管理職などのポジションは女性の方が多いという傾向があります。つまり、女性の方が社会的に信頼されているということです。

女子旅でセブ島旅行を計画されている方々も多いと思いますが「セブプレ」は女性だけの旅行の際にも、心理面で安心してご利用いただけるツアーです。

水中カメラレンタル&記念撮影サービス

水中カメラGoPro貸出あり! 素敵な思い出を写真に納めよう

「セブプレ」では、水中カメラGoProのレンタルと専任ガイドによる記念撮影サービスに対応(800ペソ=約1,700円)しています。

水中カメラを利用することで、アイランドホッピングで訪れた離島での海の中の写真を残して、一生の思い出にすることができます。また、ガイドはセブを知り尽くしている現地のスタッフなので、撮影スポットについても熟知しています。

フォトジェニックなスポットが多数あるセブ島だからこそ、写真にこだわった旅にするのもおすすめです。

セブ島のアイランドホッピングであったら便利なアイテム11選!

ツアー会社ごとにプランに含まれるものが異なるので、ツアー会社で用意してくれるものを確認した後に、足りないものを自前で用意するようにしましょう。

例えば「セブプレ」では、シュノーケリングのセット(シュノーケルやマスク、ライフジャケットなど)は「セブプレ」が手配します。さらに、ホテルから観光スポットへの往復の車の手配(専属車両)や日本語対応女性ガイド、アクティビティの入場券などがセットになっています。

「セブプレ」ツアーで準備が必要な持ち物

・水着

・日焼け止めスプレー
(南国の「セブ島」は日差しが強いので、船での移動時やビーチでくつろぐ際などには日焼け止めスプレーが必須です)

・ラッシュガード
(海洋保護区では、生き物の保全のため日焼け止めを塗った状態では入水が禁止されているスポットがあります。また、ラッシュガードは水着の上からでもそのまま手軽に着用できること、クラゲ刺されの予防にもなること、デザイン性の良い物が多いのでファッションアイテムとしても人気であること、などのメリットがあります)

・日焼け止めグッズ
(ラッシュガード以外の日焼け対策グッズとして、日傘、パラソル、帽子、サングラスなどのグッズがあります。日焼け止めスプレーなどと併用して、紫外線対策を万全にしましょう)

・酔い止め
(アイランドホッピングは、船やボートでの移動が必須なので、乗り物に弱い方はどうしても船酔いしやすくなってしまいます。特にセブ島旅行の際には、慣れない海外の環境や朝の早起きなどにより、船酔いしやすいコンディションになりがちなので要注意です)

・サンダル
(アイランドホッピングなどでビーチを楽しむ時に、ビーチサンダルが大活躍します。ビーチでのスポーツやバーベキューなどの際には何と言ってもサンダルがベストです。現地調達も可能です)

・水中カメラGoPro
(水中カメラを利用するとシュノーケリングの際に水中での思い出を写真に残すことができます。「セブプレ」では、水中カメラを800ペソ=約1,700円にて貸出しています。インスタ映えを狙った写真はたくさんありますが、水中で写真撮影をする機会はなかなかないので、セブ島旅行を機に利用してみてはいかがでしょうか?)

・タオル
(マリンアクティビティで思いきり遊んだ後に体を冷やさないようにするために、タオルを用意していきましょう)

・トイレットペーパー
(セブ島内のトイレは、トイレットペーパーが常備されていないトイレが少なからずあります。セブ島では、トイレットペーパーを携帯するように意識しましょう)

・食事代
(スリや置き引きのリスクもあるため、貴重品はできるだけホテルのフロントに預けておきたいですが、ランチの料金が必要なので必要分の費用を持参しましょう)

・防寒着
(年中あたたかいセブ島ですが、船内など冷房の効きすぎで寒いことがあります。風邪をひいてしまわないように、ジャケットやブランケットなどを用意しておきましょう)

まとめ

アイランドホッピングのまとめ

セブ島の楽しみ方といえば、シュノーケリングやマリンスポーツ、BBQなどがありますが、アイランドホッピングでいろんな離島にアクセスしながらそれらのアクティビティを楽しむと、よりリゾート気分を味わうことができます。

セブ島は、美しいビーチやシュノーケリングスポットがある島がいくつも集まっている地域なので、アイランドホッピングを楽しむにはうってつけのスポットです。ぜひ、セブ島から船に乗って、アクティビティを楽しみながらヒルトゥガン島やナルスアン島などのスポットを漫遊してください。

そして、ツアーを楽しむためには、オプショナルツアー会社の選び方もポイントの一つです。「セブプレ」はセブ島に特化した最安1組限定貸切ツアー会社です。ホテルと観光スポットの送迎や専属の現地ガイド(女性・日本語対応)、写真撮影スポットなど、安さだけではなくかゆい所に手の届く行き届いたサービスも人気のツアーです。

セブ島旅行を計画の際には、ぜひアイランドホッピングをご検討ください。

>フィリピン・セブ島の現地オプショナルツアー

フィリピン・セブ島の現地オプショナルツアー

フィリピン・セブ島の現地オプショナルツアーなら、最低価格保証でお得、女性日本語ガイド同行で安心のセブプレで決まり☆